困った二の腕のブツブツから脱出|念願の美しい素肌

メイク道具

健康的に見える

コスメの中でもチークの色により人の印象には大きな違いがあります。顔に色をつけることで健康的に見え、より可愛らしく見えたり美しくみせることかできらというのが大きな特徴でありメリットと言えることは確かです。

石鹸

敏感肌の人に使って欲しい

デリケートな敏感肌の人は、基礎化粧品や洗顔石鹸など、ベースとなる化粧品にしっかりお金をかけてみましょう。驚く程肌のキメが整い、お肌が若返ります。メイク落としを使わずとも、しっかり泡立てた洗顔石鹸で二回ほど洗顔すれば、毛穴から汚れをキレイに浮き出して、クレンジング以上の効果を発揮してくれます。

まつげ

貧毛症の治療対策

まつげの長さが足りなかったり、短い場合はまつげ貧毛症の可能性があり、専門的な病院も多いです。個人で医薬品を買ったりする人が多いですがおすすめはできません。病院では、基本的に長さから図り、そこから色んなアドバイスをしてもらえるので一番合理的です。

カミソリ負けの正体

女の人

原因は毛穴の詰まり

思春期の女子を悩ませる二の腕のブツブツ、俗にいうカミソリ負けですが、その原因はムダ毛処理ではないようです。このブツブツは毛孔性苔癬と呼ばれる皮膚疾患で、まだはっきりとした原因は解明されていませんが、遺伝の要素が強いと考えられています。本来なら約28日周期のターンオーバーで古くなった角質は肌表面から剥がれ落ちますが、何らかの異常でそれらが毛孔内に溜まり、毛穴を塞ぐことで皮膚にブツブツができてしまいます。痛みや痒みなどの自覚症状はほとんどありませんが稀に軽い痒みを感じることがあり、見た目にも赤みを伴うことがあります。二の腕以外の好発部位は太ももや背中で、左右対称に現れることが多いようです。多くの人は小学校高学年頃から発症し、20代、30代と年齢に伴い症状は軽減する傾向があります。毛孔性苔癬は特に治療をしなくても健康上重大な問題はありませんが、ブツブツざらざらした二の腕や背中が恥ずかしいと感じる女性は多いことでしょう。ではこの毛孔性苔癬の自宅でのケア方法をご紹介します。まず一つ目はしっかり保湿をすることです。保湿によって毛穴に溜まった角質の硬化を防ぎ、ターンオーバーを正常化することができます。保湿機能や角質軟化機能を持った尿素や、ターンオーバーを促進させる機能を持つレチノイン酸を含むクリームを選ぶとよいでしょう。クリームは古い角質を除去して、水分を肌にとどめる効果があります。乾燥が気になる人は化粧水を使用した後にクリームを利用して、保湿効果を高めましょう。二つ目は炎症が起きないよう気をつけることです。ブツブツが気になってお風呂でゴシゴシ洗ったり、爪で潰したりすると傷ついた肌が炎症を起こし、色素沈着する可能性があります。また、洗い過ぎによる乾燥から症状が悪化することもあるようです。そして三つ目は食生活の改善です。健康な肌を保つために重要なビタミン類を意識して摂ることが大切です。ビタミンBは新しい肌を作る作用が、ビタミンCはコラーゲンを生成する作用があると言われています。少しのケアで二の腕に自信を持つことができるでしょう。ビタミンの含まれた化粧品を使用することでも、効果は期待できます。念願の美しい素肌を手に入れましょう。